(やま)(あめ)()ってきた。(あめ)(みず)はそれからどうなるのだろうね。
(やま)には()()えていて、地面(じめん)には()()()もっているだろう。
そこには(みず)がたっぷりしみこんでいる。
()()何百年何千年(なんびゃくねんなんぜんねん)かかって(つち)になる。
その(つち)のなかを(みず)何年(なんねん)もかかって(くぐ)りぬけるんだ。
その(あいだ)(みず)(やま)(ゆた)かな栄養分(えいようぶん)をわけてもらう。
もし木々(きぎ)でいっぱいの自然(しぜん)(やま)がなかったら、
大雨(おおあめ)のたびに(むら)洪水(こうずい)日照(ひで)りのたびに(かわ)干上(ひあ)がってしまう。
(やま)自然(しぜん)貯水池(ちょすいち)って()ってもいいかもしれないね。