どろんこ村はここにある
どろんこ村のプロフィールへ
ここは渥美半島だ

どろんこむらのある、ここは渥美半島あつみはんとうだ。どこだかかるかな? 本州ほんしゅうのまんなかあたり、太平洋たいへいようめんした半島はんとうだ。愛知県あいちけんのいちばんひがしのあたりから、ニュッとつているんだよね。
どろんこ村
日本地図
渥美半島の地図 地元じもとでは、太平洋たいへいようめんしているほう海岸かいがん表浜おもてはま反対側はんたいがわ三河湾みかわわんめんしているほう裏浜うらはまってぶんだよ。どろんこむらはその裏浜うらはまにある。内海うちうみだから、なみしずかなのんびりとした海岸かいがんだよ。
渥美半島あつみはんとうは、2億年おくねんくらいまえに、海底かいていにいろんなものがもってできた、とてもかた岩石がんせきが、隆起りゅうきしてできたんだよ。どろんこむらのあたりはもっとずっと最近さいきんにできた地形ちけいだけれど、太平洋岸たいへいようがんとのあいだやまのぼると、そういうかたいわれるところがあるんだ。つるつるかがみみたいな鏡肌かがみはだっていうおおきないしとか、ひとこえってくるオウムいしとか、いろんな場所ばしょがあるんだよ。

どろんこ村はこんなところ
どろんこむらはお百姓ひゃくしょう中心ちゅうしんにしたとてもちいさなグループなんだ。田舎いなか農業のうぎょうをするひとたちと、都会とかいの人たちとが、もっともっと素敵すてきかたちで、こころ体験たいけんかよいあわせることができたらいいなって、そうおもって、どろんこむらができたんだよ。

どろんこむらにはんぼとはたけがあるけれど、農薬のうやく化学肥料かがくひりょうたよらない農業のうぎょうをしているんだ。安心あんしんしてべられるものがつくりたいし、農業のうぎょうをするお百姓自身ひゃくしょうじしん健康けんこうくらせなくっちゃね。
どろんこ村写真
ヤギもいるし、ニワトリもいるんだ。ケーキもいているよ。自然しぜん人間にんげんいとなみとが、うまく循環じゅんかんしていけたらと、おもっているんだ。

どもたちが毎月まいつきまったときにやってきていねつくりを中心ちゅうしん農業のうぎょう体験たいけんする「んぼの学校がっこう」のほかにも、夏休なつやすみなんかに、数日間すうじつかん合宿がっしゅくして農業のうぎょうしたりうみやま自然しぜんったりするファームステイもあるんだよ。

大人おとなひとのためのプログラムもあるし、本格的ほんかくてき農業のうぎょうをしたいひとは、研修生けんしゅうせいとして長期ちょうき滞在たいざいしてもらうこともできるんだよ。

どろんこ村へのアクセス
どろんこむら国道こくどう259号線ごうせんめんしているんだ。ここにはバスがはしっているよ。

渥美半島あつみはんとうそとからひとは、豊橋鉄道とよはしてつどう終点しゅうてん三河田原駅みかわたはらえきから、伊良湖本線いらごほんせん伊良湖岬行いらごみさきいき(保美経由ほびけいゆ)のバスにるのが、一番いちばん便利べんりだ。

路線図
おなじようなさきべつみちとおるバスがあるからをつけてのってね。このバスは30ぷんに1ぽんくらいだ。豊橋とよはしからの直通ちょくつうもあるぞ。

江比間えひま または 新江比間しんえひま でりてね。どろんこむらは2つの停留所ていりゅうじょのちょうど真中まんなかくらいにあるんだ。


東京方面 ○伊良湖ライナー
保美下車(東京駅八重州口発)
名古屋方面 ○JR・名鉄 豊橋駅下車
○高速船(河和発)
フェリー(師崎発) 伊良湖下船
三重方面 ○高速船(鳥羽発)
フェリー(鳥羽発) 伊良湖下船
豊橋方面 ○豊鉄渥美線 三河田原駅下車
○伊良湖岬行きバス(保美経由) 江比間下車
渥美どろんこ村
〒441-3605
愛知県あいちけん渥美郡あつみぐん渥美町あつみちょう江比間えひま字西砂畑にしすなはた21-1
電話 0531-37-0996
FAX 0531-32-3700
インターネット・ホームページ http://www.doronkomura.com

どろんこ村のプロフィールへ

トップへ